NMN機能性食品
開発協会

NMNを日常で摂取できる
ニュートラシューティカルズとして
開発し、
プロダクティブエイジングの
実現を目指す。

Vision

ビジョン
  • 1

    日常で摂取できるニュートラシューティカルズを開発し、
    プロダクティブエイジングの実現を目指し、国際競争力のある
    食品産業の一助となることを目指す

  • 2

    長寿健康や高齢者の働き甲斐と社会貢献を持続可能な開発目標として
    SDGsの理念達成を目指す

  • 3

    本協会が中心となり透明性の高い研究と開発を実施することで、
    機能性表示食品制度の推進に繋げる

理事長あいさつ

東に不老不死の仙薬を求めてはるばる紀伊半島まで辿り着いたといわれる徐福の伝説があるかと思えば、西には錬金術の流れを汲む賢者の石の伝説があります。
古今東西、「永遠の命」、「永遠の若さ」への願望は、アダムとイブに知惠を授けたと言われる蛇のように人々の心の奥底深く綿々と生き続けてきました。医学関連の各種団体のシンボルマークとしてしばしば目にする「アスクレピウスの杖」に蛇が巻きついているのをご存知の方も多いでしょう。ここでは蛇は知惠や 生命力、ひいては、医学、医術のシンボルとして使われています。
利己的な目的だけで不老不死を望むのならば、それは人間の愚かしさをさらに拡大させるだけでしょうが、少しでも多くの人々の幸せを、健康と長命というかたちで追い求めるのなら、それは大きな愛と言えるでしょう。
本社団は、近年、「抗老化物質の本命」と評価されつつあるNMNの研究と普及を通して、健康で生き甲斐のある社会の実現に些かでも資することを願って設立されたものです。

一般社団法人NMN機能性食品協会理事長 橋本 惠

一般社団法人
NMN機能性食品協会
理事長
橋本 惠

理事メンバー


  • 京都大学医学部

    畑中 正一
    名誉教授
  • 京大病院
    循環器内科7代

    篠山 重成
    教授
  • 日本
    バレーボール協会

    男子強化委員長
    南部 正司
  • 有限会社
    沖縄長生薬草本社

    代表取締役
    下地 清吉
協会について
About Us



NMN

NMNについて
京都大学医学部が認めたヒト臨床試験を実施した安心のNMN NMNについて



News

活動報告
ページトップへ